アジアのアウトソーシング活動が減速

メガアウトソーシング取引や契約額が2億米ドルを上回っていないことから、上半期のアジア太平洋地域における総契約価値(TCV)水準が大幅に低下しました。

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか; CXO; CIOには誰が影響しますか? CXO、ITエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ銀行、データセンター、デルタがシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

アジア太平洋地域のTPI指数によれば、2010年上半期に授与された契約の価値は、2008年および2009年上半期のそれぞれ31億米ドルおよび55億米ドルと比較して、23億米ドルにとどまった。

TPIは、伝統的に強い金融サービス、通信、メディア、製造業の垂直市場が今年弱くなっていると述べた。この地域は、2010年の残りの月に、特にメガ契約や契約額を2億米ドル以上確保し、110億米ドルを記録し、昨年の数値と同水準になるような強力な成果を必要とするだろう。メガの取引や関係には、年間契約額(ACV)が1億米ドルを超えています。

TPIのパートナーである北アジア担当のMichael Rehkopf氏は、水曜日の会議で、「2009年の水準に到達するには、2010年下半期に87億米ドルのTCVが必要になる」と語った。

TCVはまた、過去10年間の平均価値US $ 379億を下回っていた。

失望した結果は、その地域で署名された2億米ドル以上の取引の減少が主な原因であった。実際、TPIによると、今年上半期には、この5つの契約(上位5つの欧州のプロバイダーを含む)のみが入金されました。

2009年度全体の71%、2008年の72%、2007年の64%と比較して、授与された契約のうち83%は1億米ドル未満であった。

具体的には、2010年下半期のITアウトソーシングは、TCVで66億米ドル、新規契約で43億米ドルが必要となり、2009年の水準に合わせると約70件の契約がTCVで80億米ドルに達しました。

アジア太平洋市場は非常に激しく、いくつかの協定が締結されている」と述べたが、市場はまだ回復する可能性があると付け加えた。

TPIによると、2010年上半期には18のビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)契約が締結され、昨年の数字の80%近くが調達されました。 BPO契約の数については、2010年を新たな記録として2010年を締結する予定であるが、これまでの契約はTCVに関しては比較的小さい。

TPIは、中国とインドにおける新興の国内アウトソーシング市場に、通信会社と通信会社の契約が引き続き高まっていると付け加えた。

TCVの市場シェアでは、オーストラリアとインドがこの地域をリードしました。メガ契約を除いたインドのTCV全体の32%を占め、オーストラリアは42%を占めた。

クラウドに関する議論が進行中ITの意思決定者140人を対象としたクラウドコンピューティングの計画について世界的に調査したTPIによると、企業は短期間の影響を受けるクラウドコンピューティングなどのソリューションを調査しています。

この調査によると、回答者は、誇大広告と現実とを分離する必要があると指摘し、多くの人が雲に関する多くの騒音があると信じていた。

TPIのCIOサービスのパートナーであるケビン・スミリー(Kevin Smilie)氏は、顧客はクラウドへの移行に伴う多くのリスクを懸念しています。

この調査によると、回答者の18%は既にサービスプロバイダーにクラウドサービスに関する議論を呼び掛けており、もう1人の45%は今後6ヶ月間同様にサービスを提供すると答えています。

クラウドコンピューティングは依然として誇大宣伝と見なされるかもしれませんが、私たちの調査によると、今日のプロバイダーとクライアントの両方にとって頭が最高です」とSmilie氏は言います。

スワティ・プラサドは、インドに拠点を置くフリー・ライターのITライターです。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル