アジアのサーバー販売は引き続き強気

シンガポール – International Data Corporation(IDC)によると、景気減速にもかかわらず、アジア太平洋(日本を除く)におけるアプライアンスサーバ市場は、2005年の売上高が18億1,000万ドルに達すると見込まれている。

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供

IDCは、アジア太平洋アプライアンスサーバー市場の見直しと予測というレポートで、アプライアンスサーバーをWebキャッシング、電子メール、ファイル/プリント、インターネットアクセス、または事前定義されたスイートなどの単一の専用サービスを提供するように設計されたネットワーク対応デバイスサービスの

昨年の総収入は2億2190万ドルでしたが、2001年の第1四半期は7210万ドルでした。これは、2000年のアプライアンスサーバ全体の32%に近かった。

IDCアジアパシフィックのサーバー・ワークステーション・リサーチ・ラジス・アローラ(Rajish Arora)マネージャーは、2002年末までに売上高は3億8,420万米ドルに達し、5億4,670万米ドルに増加すると予測している。 – ナワズ・マリカン、ウェブサイト特集

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供