アセアンのデータセンターのハブは魅力的ではない

シンガポール – 個々の市場として、タイ、インドネシア、マレーシアなどの東南アジア諸国は、企業やデータセンター運営者に限られた魅力しか持たない可能性があります。しかし、東南アジア共同体のデータセンターハブは、より魅力的な提案を提供する可能性があり、これは地域の政府が発展させるべきものでなければならない。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

マレーシアのデータセンター運営会社であるCSFアジアのマネージングディレクター、Wong Ka Vin氏によると、東南アジアの各市場ではデータセンターのホスティングに関して賛否両論があります。シンガポールは、技術と政府の支援を得ているかもしれませんが、土地が不足しており、これらの施設を建設し維持するためのコストは高いです。

一方、マレーシアは、土地と安価なエネルギー価格を持っているが、熟練した人材の点では不足している、と彼は言った。 Wong氏は、木曜日に開催されたDatacenterDynamics Convergedカンファレンスで講演していた。

このように、様々な新興市場が資源をプールし、シンガポールと協力して東南アジアのデータセンターハブを形成するユニークな機会があります。このビジョンは、東南アジア諸国連合(アセアン)諸国の様々な加盟国が現在行っている自由貿易協定交渉の一環として進展する可能性がある、と幹部は指摘した。

Wong氏は、CSFなどのデータセンター運営者は、多国籍企業に東南アジアのさまざまな市場にデータセンターを展開またはホストする機会を提供し、さまざまなコンプライアンスおよび税制の対応を心配する必要はないと指摘しました。これにより、お客様は単一の課金およびライセンス契約を提供することができ、地域内のデータセンターを構築または管理するために必要な時間と管理上の手間を削減できると同氏は説明しています。

しかし、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポールの各国政府は、このような地域のハブにおける価値観を見て、それを実現しようとしていると確信している。

規制、クラウドへの投資、東南アジアにおける共通のデータセンター市場の提案は、地域内の企業が増え、地域基盤の多国籍企業(多国籍企業)がますます厳格なデータ保護法を遵守する必要性が高まるにつれてタイムリーになります。

DatacenterDynamicsのCEO、George Rockettは、このイベントで、企業が新しいデータセンターに投資したり、既存のものを今年および2013年に改造する主要な動機の1つは、業界の規制を遵守することだと語った。

クラウド・コンピューティング・サービスは、仮想化とクラウド・コンピューティング・サービスの採用が増加する可能性があるという。これは、2013年の予定されているデータセンター投資の大部分が既存設備の改修を目的としていることを説明し、インフラストラクチャとファブリックの代わりにシステム最適化を中心に導入しようとしているテクノロジについて説明します。

調査会社Canalysは以前予測していたが、アジア太平洋地域では2012年のデータセンター支出が先行し、今後も年を取る予定である。 7月に発表されたこの調査では、2012年末までに世界のデータセンターインフラストラクチャーの投資額が6%増の1,280億ドルに達し、今後4年間は着実に拡大すると見込まれています。

アジア太平洋地域は今後5年間で最も急速に成長する地域であり、2016年までに世界のデータセンターインフラ支出の4分の1を占めると同氏は付け加えた。 Canalysのシニアアナリスト、アレックス・スミス氏は、特に中国やインドの企業は、顧客にオンラインサービスを提供するためにインフラに多額の投資を行っているという。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合