インテルは、接続されたホームネットワークのためにLantiqを購入する

インテルは、ブロードバンドとネットワーキングの分野を担うLantiq社を買収し、接続された家庭の取り組みを拡大しました。

契約条件は明らかにされていない。 Lantiqはドイツのミュンヘンを拠点とし、主にブロードバンドプロバイダーにサービスを提供しています。

この動きに伴い、インテルは接続された家庭の勢いに乗るための最新の技術巨人になる。サムスン電子は、アプライアンスがインターネットに接続され、結びついていると語った。 GoogleはNestを所有しており、AppleからMicrosoftに至るすべての人が何らかの接続ホームプレイを持っている。

CES 2014の専門家のConnected Homeパネル:リプレイ|このウェブサイトのアプライアンス

IntelはケーブルゲートウェイユニットとLantiqを組み合わせて複数のデバイスを結びつけようとしています—おそらくそのプロセッサ上で動作します。インテルはまた、物事単位の強力なインターネットを持っています。 Lantiqはポートフォリオを埋める。

Lantiqは、IntelのIoTプラットフォームのゲートウェイ部分に適合します。

もっと

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

これらの小型コンピュータはインターネットの到来を告げるだろうか?インテルの第4四半期の売上は、タブレットの出荷目標を600万台を上回った; IntelのCEO KrzanichはウェアラブルプロセッサCurieを発表した; IntelはThings of Thingsアジェンダを新しいプラットフォーム

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、