インテルはエンタープライズコア、vProプロセッサにマルチファクタセキュリティを組み込みます

Intelは、ビジネス変換とコラボレーションをテーマにしたvProを搭載した第6世代のCoreプロセッサーを使ってビジネスの拡張を概説した。しかし、企業の実際の勝利は、そのプロセッサーに埋め込まれたマルチファクター認証をプレビューする動きになるでしょう。

インテルのビジネスクライアントゼネラルマネージャー、トム・ギャリソン(Tom Garrison)氏によると、vProを搭載したコアプロセッサはWindows 10に搭載されている。 Garrison氏は、Intelは当初、2017年と2018年に企業がWindows 10を量産すると考えていたが、2016年後半に大量採用を検討しているようだ。

このWindows 10の採用により、インテルはアップグレードサイクルの機会、作業場でのより多くのウルトラブック、およびコラボレーションツールを見て、ワイヤをはがすことを目指しています。

しかし、大部分の技術者は、インテルが組み込む認証ツールにもっと関心を寄せています。インテルは、個人識別番号からブルートゥース、場所、バイオメトリクスなどのすべてを使用して身元を確認しています。

エンタープライズ管理者は、場所に基づいて認証要因を設定することもできます。たとえば、ワーカーがネットワーク上のオフィスにいる場合、Bluetoothが動作する可能性があります。その作業者が遠隔の場合は、バイオメトリクスと複数の要因を使用する必要があります。認証は、Microsoft Active Directoryおよび他のプラグインでサポートされています。

それはどのように動作するのです

インテルの認証設定は、ユーザー情報、ITポリシー、および資格情報の決定をハードウェアに組み込んでいます。

Garrison氏によると、インテルはすぐに機能をテストする企業との打ち上げ時にAuthenticateをプレビューしているという。 「配備は2016年後半に開始される」とギャリソン氏は語った。 「現在、企業はCoreとテスト機能を使ってプレビューしています。

最新のCoreおよびvProプロセッサは、クアッドコアプロセッサをメインストリームのノートブックに加え、モバイルワークステーション用のXeon、Intel Pro WiDiワイヤレスディスプレイ、WiGigワイヤレスドッキング、Thunderbolt 3 Type-Cドッキングなどのワイヤレスドッキングおよび表示ツールを提供します。さまざまなコラボレーションシステムとの統合を目指すUniteという技術、ハードウェアにセキュリティとIT雑用を組み込むことを目的としたSmall Business Advantageというプログラム。

Authenticateに加えて、Intelは次のように説明しました

M2M市場はブラジルに戻ってくる

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressは重要なセキュリティホールを修正するために今更新するようユーザーに促す、セキュリティー、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命