インドのモバイルWebユーザーは2015年までに1億6,500万人に達する

2015年3月までにインドでは携帯電話でWebにアクセスする人が増え、約1億6,500万人のモバイルインターネットユーザーがいると見込まれています。

インドのインターネット・モバイル協会(IAMAI)とインド市場調査局(IMRB)が共同で発表した共同調査によると、2012年12月までに全国のモバイルインターネットユーザー数は8,770万人から3ヶ月事前にこれらの人々は、ドングル(2Gと3G Evolution Data Optimized(EVDO)カード)とタブレットPCの両方でウェブにアクセスしていました。

同国のモバイル機器の普及に伴い、インドのモバイルWebユーザー数は今年3月までに9,290万人に増加し、2年で16480万人に達するとの見通しを明らかにした。 。 2009年には、ユーザー数は410万人に達しています。

両研究機関は、この調査のためにインドの35都市から約2万世帯を調査しました。

この調査によると、携帯端末でインターネットにアクセスするユーザーの平均月額請求額は、INR 450(US $ 8.47)です。このうち、調査対象者の60%がINR 198(US $ 3.64)をインターネットサービスに費やし、残りは音声関連サービスに費やされました。

これは、ユーザーがインターネットアクセスに向けて法案の40%以上を費やす意思を示していることから、「非常に健全な傾向」となっているという。

Webサービスでは、電子メール、ソーシャルネットワーキングサービス、インスタントメッセージングがモバイルインターネットユーザーの間で最も多く使われています。規模の反対側では、発券と電子バンキングがありました。

クラウドコンピューティングの成長

クラウドコンピューティングは1度に1つのAPIを成長させ、開発者はApigeeを6億2500万ドルで買収し、ハードウェアはラスベリーパイが1000万回の売上を上げ、プレミアムバンドルで賞賛し、セキュリティは4年間後にNPAPI FlashをLinux用に復活させるスタシス

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編