エイサーTravelMate 800レビュー

Centrinoと呼ばれる新しい統合モバイルソリューションは、Pentium Mプロセッサー(旧コードネームのBanias)、855チップセット、インテルのPRO / Wireless 2100 Mini-PCIカード(後者は802.11b接続を内蔵)で構成されています。 Pentium Mチップは、モバイルコンピューティングのパフォーマンスとバッテリ寿命の最適化を目的とした最新のデザインで、CentrinoブランドはPentium M、855チップセット、Intelのワイヤレスネットワークソリューションの組み合わせをカバーしています。

デザイン:Acerのノートブックは、思慮深いデザインと確固たるビルド品質で高い評価を得ています。エレガントなTravelMate 800はその評判を全く損なうものではありません。はっきりとスリムですが、厚さ2.95cm、重さ2.76kgのトラベルメイト800は15inchです。ディスプレイと広範な機能セットはデスクトップ交換領域にしっかりと置きます。これは、40GBのハードディスクとさまざまなオプションを受け入れるモジュラーメディアベイを備えた2スピンドルデバイスであるため、デスクトップの置き換えで最も重大なものではありません。ただし、フロッピードライブが必要な場合は、外付けUSBオプションを使用する必要があります。外見上、TravelMate 800はプロフェッショナルな態度をとっています。スマートなスライバーとグレーの仕上げで、それらのボードルームの外観をバックアップしますアルミ合金のバックパネルとファイバーグラスシャーシの補強材を含む頑丈な構造です。このシステムは、毎日の携帯電話の生活によって引き渡されるノックをとらえることができるはずです。 TFTユニットで、1,400 x 1,050ピクセル(SXGA +)のネイティブ解像度で、ノートブックの重要な人間工学的側面はキーボードとマウスポインタです。 AcerのFineTouchキーボードはレイアウト面では注目に値するが、これは下面に快適な5度カーブを備えているが、HomeキーとEndキーはPgUpとPgDnキーで倍増し、同時にFnキーを押す必要がある。それでも、キーは十分な大きさで積極的なアクションを持っています.4つのクイック起動キーがあり、そのうち2つはユーザーがプログラム可能です。ポインタは、ハンドヘルド型の4方向スクロールキーを組み込んだ2ボタントラックパッドです。

機能:上記のように、TravelMate 800は、Pentium Mプロセッサ(この場合は1.6GHzチップ)、855PMチップセット、Wi-Fi(802.11b)を提供するPRO Wireless 2100ネットワーク接続を組み合わせたIntelのCentrinoソリューションをベースにしています。 )ワイヤレス接続 – このシステムは、2.4GHz / 5GHzのデュアルアンテナを搭載しているため、将来のデュアル802.11a / bモジュールにも対応します。当社のレビューサンプルには、合理的な256MBのDDR SDRAMが付属していますが、システムはデュアルSODIMMスロットを介して最大2GBのメインメモリをサポートしますが、AcerはTravelMate 800の基本的な既製のCentrinoキットまずはBluetooth接続とWi-Fiが内蔵されています。フロントフェイシアのボタンを使用すると、必要に応じて無線オプションをオン/オフで切り替えることができます。機能は、左側のType II CardBus PCカードスロットの下にあるスマートカードリーダーです。 PlatinumSecretソフトウェアスイートを使用すると、特定のスマートカードが登録されているかどうか(BIOSレベルでロックされていない場合)、OSレベルでユーザー認証を提供したり、より一般的には、TravelMate 800は、企業向けの優れた市民であり、LANからの起動、Wake-on-LAN、複数のパスワードと資産タグストレージをサポートし、DMI準拠のBIOSを搭載しています。 SXGA +ディスプレイはATIの主力製品であるMobility Radeon 9000グラフィックスチップによって駆動され、64MBの専用DDRビデオメモリを搭載しています。その結果、ノートブックで見られるようなグラフィックサブシステムが実現しました。右側のメディアベイには、レビューサンプルでQSIのDVD-ROM / CD-RWコンボドライブが搭載されていましたが、書き換え可能なDVD-RWドライブ、第2のハードディスクまたは第2のバッテリである。主なハードディスクは回転速度4,200rpmの40GB日立ドライブで、主バッテリは14.8V、4,400mAhの巨大なLiイオンユニットです; TravelMate 800はレガシーとモダンなポートが混在しています。パラレルポートはありますが、シリアルポートやPS / 2ポートはありません(オプションのEasyPortドッキングステーションを購入する必要があります)。左側には、FireWire(IEEE 1394)コネクタとType II PCカードスロットが1つずつ、4つのUSB 2.0ポートが用意されています。背面には、パラレルポートと並んで、内蔵V.90モデムおよび10/100イーサネットハードウェアに対応する外部VGAコネクタ、S-Video出力ポート、RJ-11およびRJ-45ポート、ピンドッキングコネクタ。

パフォーマンス; Pentium-M / Centrinoプラットフォームの関心の大部分は、ポータブルコンピューティングを新しいレベルに導くことになっている、性能とバッテリ寿命の約束の組み合わせです。これまでのところ、我々はIntelの言葉を持っていただけなので、Acerのシステムを手に入れて徹底したベンチマーキングを行うことに興奮していました.Intelは、1.6GHz Pentium-Mノートブックは、前世代の2.4GHzモバイルPentium 4-Mを中心に構築されています。 1.6GHzのTravelMate 800は確かにうまくいきます。主なアプリケーションパフォーマンスは、ソニーの2.4GHz VAIO PCG-GRX616SP(Business Winstone 2001のスコアはそれぞれ58.7と48.7)よりも20.5%優れています。ハイエンドアプリケーションの実行時にTravelMate 800の利点は10.9%に縮小されますが、その差はまだ顕著です(Content Creation Winstoneのスコアはそれぞれ35.5と32です)。後者のスコアは、 Dellの2.8GHzデスクトップPentium 4ベースのInspiron 5100(Content Creation 2002テストで42.4点); BAPCoのMobileMark 2002(Business Winstoneと同様の主流のアプリケーションが混在している)を使用したとき、TravelMate 800 Inspiron 5100を6.4%(生産性スコアはそれぞれ184と173)上回っています.MobileMark 2002もバッテリ寿命を提供しています。これはPentium-Mプラットフォームが本当に輝く場所です:4時間40分、優れたデスクトップモード(1600MHz)の性能は、本当にポータブルコンピューティングの新しい出発点です。私たちの通常のBatteryMark 4.01テストでは、デスクトップモードで4時間42分というほぼ同じ結果が出ました。 TravelMate 800には、14.8V、4,400mAhの相当なバッテリ(65.1Wh)が搭載されています。電源管理の設定を調整すると、システムから5時間以上の寿命が得られることがわかりました。しかし、CPUが最低600MHzまでクロックを落としても、性能は大きな打撃を受けます;最後に、最先端の64MB ATI Mobility Radeon 9700グラフィックチップから期待されるように、3D性能は優れています。実際、TravelMate 800の3DMark 2001スコア7,285は、これまでのどのノートブックでも記録した最高のものです。

サービス&サポート; TravelMate 800には2年間の保証が付属しています.1年間の国際保証が含まれています。 AcerのサービスおよびサポートWebサイトでは、ドライバーとユーティリティのダウンロード、FAQ、および技術文書の通常の組み合わせが提供されています。電話サポートは、国の料金でも利用できますが、システムの保証期間外の場合は1分あたり50を支払うことになります。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン