オラクル、トムソン・ロイターのOpenCalaisサービスのネイティブサポートを提供

トムソン・ロイターとオラクルは、本日、Oracle Spatial 11g 2のリリースで、メディア大手のOpenCalaisメタデータ生成サービスのサポートを発表しました。この統合により、Oracleユーザーと開発者はOpenCalaisの自然言語処理(NLP)機能に直接アクセスできます。

さらに重要なのは、オラクルのデータベースなどのエンタープライズ製品との直接統合では、セマンティックテクノロジコミュニティが、エンタープライズ規模の要求を満たすために、スケーラビリティの高いソリューションを提供できるようになってきています。

Oracle Spatial and Semantic TechnologiesディレクターのXavier Lopez氏は、Thomson Reutersのプレスリリースで引用されています

この相互運用性により、ユーザーはさまざまなフォーマット(Microsoft WordやAdobe PDFなど)でドキュメントを素早く処理し、意味論的なメタデータを抽出して、Oracle 11gでより意味のある完全な検索に使用できます。

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、Oracleデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメッシュアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す