シンガポール、3000万ドルのインセンティブプログラムを発表

シンガポール政府は、補助金制度に3,000万ドルを投入することで、今後2年半にわたって電子商取引の総取引金額を1億シンガポールドル増加させる計画だ。

これは、最近、商用エクスチェンジの新しいeビジネススイート、BecomeCoの発売に伴い、IDA(Infocomm Development Authority)とPSB(Productivity and Standards Board)が発表したものです。

シンガポール通信情報大臣Yeo Cheow Tongが最初の発表を行い、メディアや出席者がいっぱいの部屋に話を聞いた。

e-Business Industry Development SchemeまたはeBIDSと呼ばれるこのプログラムは、2つのコンポーネントで構成されています。

プラン1は、電子商取引に関連するコンサルタントの最大50%に助成金を払うことで、オンラインで行くというイニシアチブを支援します。インセンティブは1社につき2万ドルで上限に達しています。

PSBは、2003年までに電子商取引に3つの中小企業の1つを持つことを目標としています」と、PSBのローカルエンタープライズ部門のディレクタ、Loh Kok Choyは語っています。「eBIDSのようなインセンティブスキームは、電子商取引を採用するプロセス

この計画は、500社の電子商取引プログラムを飛躍させることを目指しており、合計3000万ドルのうち1000万ドルが割り当てられている。

これは、政府が過去2年間に費やした900万ドルを上回る100万ドルの増加であり、まもなく廃止されるLECP(EC)(ローカル企業電子商取引プログラム)には500社がオンラインになる。

eBIDSはLECP(EC)プログラムの拡大と継続であり、12月初旬にはプログラムから継続する予定です。

計画2はIDAによって管理運営され、「パフォーマンスに基づくインセンティブプログラム」と言われています。

このプランは、既存のeビジネス機能を持つ企業を対象としており、さらに拡大したいと考えています。これらの企業には、e-交換機とハブが含まれます。

インセンティブには50万ドルが上限とされ、資金提供は提案されたプロジェクトによってもたらされた実際のオンライン取引価値によって決定されます。

このeBIDSのコンポーネントは、eビジネスの価値創造を促進することを目指しています」と語っています。これは、EC取引を増やすだけでなく、eビジネスを増やすことを目的としたeビジネスプロジェクトへのインセンティブ付与企業はオンラインです。

業界レポートによれば、2004年までにアジアのeビジネス市場は驚異的な成長を1兆米ドルと予測しています。

新しいインセンティブプログラムが、シンガポールをこの分野で支配的なプレーヤーにするために貢献することが期待されています。

TPG、シンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加

通信事業者、TPGはシンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加するために適用されるセキュリティ、著作権差別を保護するためのVPN禁止、地下ユーザーを運転する;革新;シンガポールでフリーライドを提供する自己運転タクシー;銀行;シンガポールはfintech実験

VPNの禁止は、著作権を差別的に保護し、ユーザーを地下に追いやる

シンガポールで自転車タクシーを無料で提供

シンガポール、fintech実験のための実験室を開く