マイクロソフト、約束されたAzureクラウドアドオンのテストビルドを展開開始

今年のプロフェッショナルデベロッパーズカンファレンスで、Azureチームは、2010年の終わりまでに、テストや最終形式の新しいアドオンとサービスを多数提供することを約束しました。今週現在、サービスはダウンロード可能です。

Windows Azure仮想マシンの役割、コンピューティング時間当たり0.05ドルの小規模なWindows Azureインスタンス、安価なクラウドトレーニングとプロトタイピング環境を必要とする開発者を引き付けるために、Windows Azure Marketplaceのアプリケーションセクション、Azureビルディングブロックコンポーネント、プレミアムデータセット、トレーニングおよびサービス

約束されたサービスとアドオンの大半は、新しいAzure Management Portalから入手できます。新しいバージョンのAzure Tools for Visual Studioソフトウェア開発キット(バージョン1.3)で入手可能なものがいくつかあります。 。

マイクロソフトの関係者によると、まだダウンロードできない今年の終わりまでに利用可能と思われるサービスはまだいくつかある。これには、サーバーテクノロジの仮想化(コミュニティテクノロジプレビュー、CTP、テストフォームなど)、SQL Azure Reporting(CTPフォームによる)、SQL Azure Data Sync(CTPフォームによる)などがあります。これらはまだ年末には軌道に乗っているとSoftiesは11月30日に述べた。

今週、パブリックベータ版が公開されました

CTPを利用できるようになりました

マイクロソフトでは、12月1日午前9時にこれらの新機能に関する概要Webキャストを提供しています。

ところで、「CTP」と「ベータ」がオンプレミスと同じことを雲の中でも意味するのかどうか疑問に思うならば、マイクロソフトの答えは「正確ではない」。サーバーとツールのプレジデントBob Mugliaは、Microsoftがクラウドでの展開の道筋について話をするときに、マイクロソフトが若干異なる命名法に移行していることをPDCに教えてくれました。クラウド内の「プレビュー」とは、Microsoftが表示しているが会社外のテスターに​​提供していないコードを指している。 「CTP」とは、テスターが使用できるコードを指しますが、無料で提供されます。 「ベータ」とはテスターが利用可能なコードのことで、マイクロソフトはこれを請求する予定だとムーグア氏は述べている。

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新

VMwareの次のプレー:企業向けのすべてのクラウドの管理

オンプレミスとWindows Azureのリソースの間にIPベースのネットワーク接続を提供するWindows Azure Connect:(旧Project Sydney)

NutanixはParmixData、Calm.ioを買収し、雲の野望を強化する

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

VMwareは、vSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新、Cloud、VMwareの次のプレイ:エンタープライズ向けのすべてのクラウドを管理、データセンター、PunixData、Calm.ioをクラウドの野望を強化する動きで買収、Nvidiaがバーチャル化GPUモニタリング、分析