分析主導の企業は競争上の優位性を見ます:IBM-MIT研究

近年、ビジネス成長にプラスの影響を与えるアナリティクスの事例が数多くあります。現在、4,500人のエグゼクティブを対象とした新しい調査では、これを裏付けるいくつかのデータポイントが提供されています。

全体。分析機能の採用は遅れて急速に拡大しています。今や1年前の37%から、市場や業界内で競争上の優位性を生み出すために分析を適用している企業が58%に上っています。

業界をリードする強力な分析機能を備えた10社のうち8社が競争優位性を実証しています.1年前のMIT-IBM調査では23%増でした。中堅から重度の分析用途の「経験豊富な」企業では、報告された競争優位に66%のスパイクがありました。未回答の回答者の中でも、競争力のあるポジションを持つ者の割合は、過去1年間で減少した。

しかし、まだ多くの作業が必要です。この調査では、大部分の組織が財務および運用活動を管理するために分析を使用していますが、他の主要分野の決定には分析ベースの洞察に頼る可能性が低いことが判明しました。具体的には、高度な分析企業の約半数だけが、財務以外のデータや分析に頼って顧客、ビジネス戦略、人事などの意思決定を行っています。このように開発の遅れた企業のうち、25%未満がアナリティクスを使用しています。

情報の所有者は、データの分析(78%)、データの収集と集計(77%)、新しいアイデアへのオープンな文化の育成(77%)、分析をコアビジネス戦略に組み込む能力、 (72%)、予測分析をプロセスに組み込む(66%)、それを必要とする人に洞察を提供する(65%)などがあります。高度な分析企業の3社のうち2社が、ビジネスインテリジェンスとアナリティクスをあらゆるレベルの意思決定者に「民主化」する方法を考え出していることを示唆しているので、この最後の点は重要です。

このレポートでは、現在の分析機能の評価から始まり、情報基盤、分析スキルおよびツールを介してコンピテンシーを向上させることに焦点を当て、アナリティクスに作用する文化を創造し、全体的な情報アナリストを日常的な企業の一部にするためのアジェンダ。調査によると、回答者の44%は、組織がより分析的な文化になることを受け入れていないと言います。たった24%の人が、それを実現させるための適切な技術にアクセスできないと答えているだけです。

(SmartPlanet Business Brainsでクロスサイン)

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

データセンター、IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Big Data Analytics、AIを使用して第2アフリカの研究機関で大量のデータを管理する人工知能、IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編; CXO; IBMが業界プラットフォームを立ち上げ、ブロックチェーン・ユニットを導入し、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブを交換

IBMがAIを使って第2アフリカの研究室で大きなデータを暴動させる

IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編は次のようになります

IBMは業界のプラットフォームを立ち上げ、ユニットをブロックし、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブをスワップする