大学はIT業界の関与を強化する

大学はITベンダーに対し、技術危機に取り組むために第三次産業への投資を増やすよう求めている。

シドニー工科大学の副学長Patrick Woodsは、ITスキルの危機の程度について疑問がある場合、次の点を考慮しています.UTSは、品質の面だけでなく、それを扱うには十分な資格のあるスタッフがいると確信しています。

ウッズはITベンダーに、スキルの危機に直面すると彼らのお金を置くよう求めている。

ウッズ氏は、「大学の業界との関わりがより強くなる必要がある」とオーストラリアのウェブサイトに語った。

この投資は、奨学金の提供から現物の支援、研究協力に至るまでの範囲とすることができます。ウッズは、ソリューションの周りに保証された労働力を求めているベンダーのために、プラットフォーム固有の授業料のスポンサーシップを提唱しています。

彼は、教育者とエンドユーザーの両方から見たスキル不足を認識しています。ウッズは、大学のビジネスインテリジェンスやデータウェアハウジングプロジェクトのための十分な資格のあるスタッフを見つけることができないという不満を抱いています。

「市場でビジネスインテリジェンスのスキルを身に付けるのが難しい場合、ビジネスインテリジェンスベンダーは、ツールを含むカリキュラムを作成する上で私たちと協力するためにテーブルに来なければなりません。

ウッズ氏は、より大規模なITベンダーは、第三次教育部門と連携するために「エンゲージメントモデルを理解する」と述べていますが、小規模で新しいベンダーは「自分たちの投資に対する回収額を常に理解しているわけではありません。

例えば、UTSは、アカデミック・ビジネス・ファシリティに現物サポート・ソフトウェアを提供して、アカウンティング学生が彼らの貿易を学ぶための「本当のライブ・ツール」としてSAPと強い関係を持っています。

ウッズ氏は、できるだけ多くの[ベンダー]が我々に対処してほしいと思っている」と述べた。

クイーンズランド大学の情報技術と電気工学部の教授であるPaul Bailes教授は、技術不足に対処するためには、より多くの業界参加が不可欠であることに同意しますが、ベンダー固有のコースが適切な手段であるとは考えていません。

「ソフトウェア供給者が特定の技術の専門家をもっと求めているのであれば、その特定のレベルの教育は大学ではなく職業部門で行われるべきだ」と述べた。

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

UQは代わりに、ベンダーがスポンサーとするコース(たとえば、Microsoft MCPまたはCisco Academyコース)のために、他の場所で修了した学生に認定します。

しかし、ウッズは、プラットフォーム固有のコースは、一般的なカリキュラムと組み合わされて「準備ができている」卒業生を作ると主張しています。

それは大学としての私たちの全力的な目標です」と語りました。「私たちが与えていることは、問題を解決して雇用主に価値をもたらす能力です。学生は、使用できる特定のスキルと譲渡可能なスキルが出てきます。

UQは、技術産業が奨学金や「授与椅子」などの「企業市民権」プロジェクトを行うことを好むだろうとBailes氏は述べる。

Bailesによれば、ICT業界が工学業界の書籍、特に鉱業の分野で葉っぱを取っていると言わざるをわらない」とBailes氏は述べた。「数年前に鉱業の技術が不足し、政府と業界は、非常にハイプロファイルなキャンペーンを開発し、エンジニアリングのインセンティブを提供しました。

それがICT業界で締結しようとしているギャップです。

UQのエンジニアリング分野には10社の授与椅子(教授陣)があり、それらは業界から資金提供を受けています。たとえば、システムエンジニアリングにはボーイングの椅子があります。

その教授は、システム分野のコースを教えていますが、その多くは航空宇宙産業にも適用されます」とBailes氏は説明しています。ボーイングは、教育を受けた労働力、自らの人々に学習を送ることができる場所、新しいスタッフ。

「ICT業界からもっと多くを見ることができれば素晴らしいだろう」と彼は語った。

UQは現在、大学入学者に奨学金2000オーストラリアドルを公表していないICTコースへの入学者を引き付けるための新たなキャンペーンを開始しています。

Bailesによると、大学のテストによると、若者は高校直後の技術でのキャリアを考えるための直接インセンティブが必要です。

これは大学が学生に相当なものを与えるために取っているイニシアティブです。これは、学生が大学に入学する前に学生を育成するために使用できる可能性のある奨学金です。 2千ドルはあなたに非常に素晴らしいラップトップを購入します。

私たちは余裕があるほど多くの奨学金を授与する」と述べた。これはオーストラリアのICT業界の未来へのコミットメントを示す大学の兆候です。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します