富士通、80百万豪ドルのマネージドサービス契約を締結

富士通は、既存の10年間の「共有履歴」を拡張して、オーストラリアの金融サービス会社、ITソリューションプロバイダー、Link Groupと800万豪ドルのマネージドインフラサービス契約を締結しました。

5年契約の一環として、Link Groupは最近買収したSuperpartnersクライアント資金を従来のSuperpartnersシステムからLink GroupのAspireシステムに移行し、2016年12月までに完成を目指す。

この契約に基づき、Link Groupの既存西オーストラリア州事業とそのSuperpartners Streamは、オーストラリアの東海岸にあるLink Groupの事業に関する以前の合意により、Fujitsuの配達モデルに移行される予定です。これらのサービスは、オンサイト、オンショア、オフショアの組み合わせたモデルを介して提供されます。

Link Groupは、サービスデスク、サービスデリバリ管理、エンドユーザサービス、ネットワーク管理、インフラストラクチャサポート、データセンター、およびプロジェクトサービスを含むと述べた。

水曜日に、Link GroupはIPO(IPO)の予定に先立って目論見書を提出し、会社の42.3%または162.5百万株を売却する約946.5百万豪ドルの資金調達を見込んでいる。

IPOは同社をオーストラリアのコモンウェルスバンクによれば、今年に至るまでに最大のフロートにすると同社を20億オーストラリアドルから23億オーストラリアドルと評価している。

目論見書によると、2015年10月20日に株式公開買付けが終了します。

先月Link GroupはMEバンクと戦略的パートナーシップを結び、ペアは年金基金の統合革新を提供すると見ています。

「このパートナーシップは、情報サービス、デジタル・データサービス部門の一部であるLink Groupのテクノロジープラットフォームを活用して、銀行業務と退職年金の間の統合を強化することにより、顧客の旅を改善する」とLink Group対処。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

富士通は、2015年6月期の四半期において、四半期に270億円の営業損失を計上したが、これは昨年、同社が72億円の利益を計上した昨年と同じである。

同社のサービス部門は、政府および財政支出の増加により収益が5%増加したが、利益は3%減の100億円となった。

「サービスのサブセグメントでは、米州からの収益は弱かったが、オーストラリアとアジアで収益は増加した」と同社は当時発表した。

「インターネットサービスプロバイダー事業の売上拡大に伴う費用の増加などにより、売上高が増加したものの、営業利益は減少した」

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合