東芝は、自己暗号化ドライブで2013年を控えています

東芝はエンタープライズ・ユーザー向けに4つの高セキュリティ・ドライブ・ファミリを発表しました。

東芝は、自己暗号化SASとSATAドライブ(SED)を日曜日に発表した。彼らは暗号技術を使用してドライブを不適切なアクセスから迅速に保護し、データセキュリティに重点を置く組織向けに設計されています。

Windows 8は私の次世代Pavilion dm1上にあり、LinuxはFedora 18、openSuSE 12.3、Mint 14、Ubuntu 12.10の形をしています。

東芝のストレージ製品事業部のプロダクトマネージャであるスコット・ライト氏は、東芝の声明(PDF)に東芝の最新eSSDとモバイルHDD SEDモデルは、高度なセキュリティ機能を提供していると語った企業はサーバーやストレージサブシステムのSSDを適切にサニタイズし、モバイルやデスクトップPCのHDDのプライベートデータのセキュリティを確保して、コストのかかるデータ侵害を防止する必要があります。

PX02AMUおよびPX03ANU SATAマルチレベルセルSSDは、ATA拡張安全暗号化消去(SCE)を使用して、55〜480GBの容量とデータ範囲を削除できます。大容量のストレージを必要とする企業は、容量200GBから1.6TBのPXO2SMQ / Uドライブを選択できます。

SCEテクノロジは、以前に格納されたすべてのデータをロックするドライブの暗号化キーを再生成します。東芝は声明のなかで、「これにより、SEDストレージデバイスの再配分、再配備、退職の前に、迅速かつ安全に浄化されることが可能になる」と述べた。

モバイルおよびデスクトップPC向けに、同社は250GBから500GBまでのMQ01ABU *** Wシリーズを生産しています。東芝はSCEに加えて、東芝の技術をサポートしているため、予期せぬホストがHDDにアクセスしようとした場合や、定義された数の認証失敗が発生した場合にデータが自動的に消去されるという。

SATA eSSDドライブのサンプル出荷は1月に予定されているが、残りのドライブは2013年の第1四半期に出荷を開始する予定であるという。

価格は明らかにされていない。

NetApp、Zaloniと提携しているデータ湖の中間層システムを開始

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

ストレージ、NetApp、Zaloniと提携しているデータレイク向けの中間層システム、クラウド、EMCとの契約を締結したMichael Dell:「データセンター、Dellテクノロジーズのリフトオフ:Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合;ストレージ; FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズムは、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指して

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す