?LiveHireはASX IPOのためにAU $ 10mを調達する

クラウドベースの人材および採用ソフトウェアプロバイダーであるLiveHireは、6月にオーストラリア証券取引所(ASX)でその地位を確保する前に、1000万オーストラリアドルを調達することを希望するIPOを開始しました。

同社は、LiveHireの発行済株式資本の25%を占める1000万豪ドルを調達するために、発行価格でそれぞれ0.20豪ドルの新株を5千万株提供している。

IPO発行価格に基づいて、LiveHireは株式公開時に時価総額4,000万オーストラリアドルを有する予定です。

LiveHireの共同創設者兼マネージングディレクターのAntonluigi Gozzi氏は、「LiveHireの技術とビジョンは、最高の企業が人材を雇用し管理する方法を変革し、リクルートを積極的なプロセスから積極的なプロセスに転換し、 。

IPOにより、LiveHireはオーストラリアやアジアのより多くのクライアントや大企業にアプローチすることができます。

LiveHireは、2011年にGozziと会社成長ディレクターのMike Haywoodによってオーストラリアに設立されました。

Gozziは、IPOの見通しにより、現在、ユーザーと顧客の基盤を拡大し、継続的に製品を豊かにし、プラットフォームの成長を加速するために重要なチャネルパートナーシップと技術の統合を実施することに重点を置いていると述べた。

先月、クラウドベースのロジスティクスソフトウェア会社、WiseTech GlobalはASXのデビューを果たし、最初の市場価値はわずか10億ドルにのぼり、9億7,400万オーストラリアドルに達しました。

同社は、既存株主による売却とそれぞれ3.35オーストラリアドルで売却された新株の発行を組み合わせることにより、IPOにおいて167.6百万豪ドルを調達した。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

また、Wynyard Groupの調査・インテリジェンスソフトウェア会社も、今年、IPOの申請を予定しており、同社はASXとニュージーランド証券取引所の両方に上場する予定である。

ワインヤードは4000万ニュージーランドドルを集め、6月にはMYOB創業者とゼロの投資家であるクレイグウィンクラーの支援を受け、オークランドに拠点を置く会社がオーストラリアで公開されたときの議論を再開しました。その後、2015年の第4四半期に予定されていました。

12月に、WynyardはASX上場を2016年中頃まで延期していると述べた。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大