Asigra Televaulting 6.2レビュー

AsigraのTelevaulting 6.2スイートを使用すると、企業はLANやインターネット接続を使用してさまざまなデスクトップおよびサーバーのオペレーティングシステムからデータをバックアップして、旧式のテープではなくデータを転送できます。 Asigraは、企業がTelevaultingを購入する主な理由は、リモートサイトから中央の場所にデータをバックアップすることだと語っています。我々は、200GBの圧縮データに対して11,250ドル(5,752ポンド)のコストを要するTelevaultingスイートが、さまざまな課金、データ保持、SLAオプションなど、複数の顧客を扱う包括的なオプションで顕著であることを発見しました。また、顧客とその個々のコンピュータが使用できるストレージと帯域幅を制限するコントロールもあります。データはTelevaultingサーバーに接続されたディスクに格納され、データの出所と場所の説明などのメタデータはSQLデータベースに格納されます。

大規模な分散型LANまたはWANベースのネットワークは、単一のコンソールから簡単にバックアップできることがわかりました。データは、ネットワーク経由で転送中やデータセンターに格納されている間に暗号化されています。現在、リモートオフィスやオフサイトのバックアップシステムを運用している企業は、この製品を評価する必要があります。サービスプロバイダーは、これをサービス提供の基礎として使用することもできます。

コンポーネント

Televaultingスイートには2つの主要コンポーネントがあります。 DS-Clientソフトウェアは、通常、中央のTelevaultingサーバにデータを収集、処理、転送する単一のシステム上で動作します。 DS-Clientは、バックアップ対象のシステムに追加のエージェントソフトウェアをインストールする必要はありません。代わりに、エージェントレスバックアップ機能は、DS-ClientシステムがOSプロトコルを使用して同じLAN上の他のコンピュータに接続できるという考え方に基づいていますMicrosoft Windowsファイル共有(CIFS)またはUnix / Linux NFSなど)を使用します。 LAN上のエージェントレスPCのディレクトリがDS-Clientシステム上のドライブにマップされると、DS-Client上の既存のディレクトリと同じ方法でバックアップセットを作成できます。 DSクライアントのユーザーは、各バックアップセットの保持ルールを設定および調整できます。しかし、さまざまなオペレーティングシステムがアクセス権やネットワークファイルシステムなどを扱う方法の違いから、AsigraはWindowsバージョンのDS-Clientを使用してWindowsシステムをバックアップし、LinuxバージョンのクライアントをLinuxシステムの保護に使用することを推奨しています。

DS-Clientソフトウェアは、Linux、Mac、Windowsを含む多くのプラットフォームで利用でき、ファイル全体ではなく変更されたデータブロックのみを転送する増分バックアップを行うことができます。 DS-Clientは、同じLAN上のSQLデータベースにデータを格納するか、実行中のシステム上にMicrosoft SQL Server Desktop Engine(MSDE)などのSQLデータベースを必要とします。インストールユーティリティは、必要に応じてMSDEをインストールできます。

DS-Systemサーバは、さまざまなDSクライアントからデータを収集し、その保存方法を管理します。主な機能の1つは、ネットワーク上に存在するコピーの数にかかわらず、システムによってファイルのコピーが1つしか保存されないようにする自動データ重複除外機能です。 DS-Systemサーバーは、LinuxまたはWindows 2000または2003 Server上で実行され、Microsoft SQL ServerまたはMSDEデータベースと適切なディスクストレージが必要です。また、ファイアウォールに小さな範囲のTCP / IPポートを開いて、DS-SystemサーバーがリモートPCと連動できるようにする必要がありました。 Asigraは仮想マシンでのDS-Systemの実行をサポートしていません。

このスイートには、SANディスクアレイなどのDS-Systemサーバーのプライマリストレージから、テープライブラリやSATAディスクアレイなどのセカンダリストレージシステムにデータを移動するツールであるBLM Archiverも含まれています。 BLMアーカイバにはAsigraのWeb Portalシステムも付属しているため、管理者はBMLソフトウェアを使用してリモートで作業することができます。 Web Portalを使用してメインのDSシステムソフトウェアを管理することもできますが、Asigraはこの施設に対して追加のライセンス料を請求します。

インストールと使用

私たちは、2.4GHz Pentium 4と128MB RAMを搭載したWindows 2000 ServerシステムにDS-Systemをインストールしました。ソフトウェアはUSBポートに接続する必要のあるハードウェアキーを使用し、Asigraディレクトリにコピーするには適切なライセンスファイルが必要です。これらのステップが完了したら、DS-Systemコンソールを使用してテスト用の顧客アカウントを作成しました。各アカウントには、使用可能なネットワーク帯域幅の量を制御するオプションが設定できます。また、使用量に基づいて顧客に請求するオプションもあります。

リモートオフィスに設置された2.4GHz Pentium 4と2GBのRAMを搭載したWindows XPデスクトップにDS-Clientをインストールしました。インストールユーティリティには、DSシステムのアカウント番号や顧客番号など、DSシステム管理者が提供する情報が必要です。また、16文字の暗号化キーが必要なので、クライアントソフトウェアをインストールする人は、暗号キーを注意深く書き留めて、後で参照できるようにその情報を安全に保管する必要があります。顧客番号を作成するには、DSシステム管理者がDSクライアントのIPアドレスを提供する必要があります。幸運なことに、DS-Systemは一連のIPアドレスを受け入れています。私たちのDSクライアントは動的IPアドレッシングでADSL接続を使ってインターネットに接続していたので、IPアドレス範囲オプションを使用して、 。

クライアントソフトウェアをインストールすると、ファイルとディレクトリの選択に基づいてバックアップセットを作成するという簡単な作業が行われます。また、DS-Clientダイアログボックスのタブを介してアクセスするContinuous Data Protection機能もテストしました。このオプションを有効にすると、ファイルの内容が変更されるたびに、DS-Clientは変更されたデータを直ちにDS-Systemサーバーに送信します。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン