ATOがアプリ、SAP入札を発行する

オーストラリア租税局(ATO)は、昨日、いくつかのIT入札を発表し、SAP導入パートナーを求め、1億ドル規模のアプリケーションサービスパネルを求めました。

開発者、Google、Apigeeを6億2,500万ドルで買収、ハードウェア、Raspberry Piが1000万回の売上高を記録、「プレミアム」バンドルで賞賛、セキュリティ、Adobeが4年後のLinuxでNPAPI Flashを再活性化、ストレージ、FacebookオープンソースZstandardデータ圧縮アルゴリズム、 Zipの背後にある技術を置き換える

ITアプリケーションサービスパネルの入札は7月に延期され、入札の手続きのための審査に時間を要しました。

税務署は、ATOの標準オペレーティングシステムのアプリケーションを開発するために、高度に経験豊かで認定されたプロバイダを探します。今日のAGIMOブログのエントリーで、Tania Walshはメンバーのパフォーマンスレビューが絶えず行われているため、パネルのパフォーマンスが低下していることが分かりました。

税務署はまた、SAPソフトウェアを使用して調達活動のための新しい「ベストプラクティス」プログラムを展開し、導入を支援するパートナーを探しています。

オーストラリアの税務署は、SAPのエンタープライズソリューションを導入して、ライフサイクル全体にわたって調達と連絡先の管理をサポートする予定です。

SAP製品の2段階展開では、SAPエンタープライズモデリングとSAP Productivity Pakが展開され、契約期間中に細かいSAP実装の青写真が作成されて実行されることも確認されます。

入札書類によると、青写真がいったん完成すると、ATOはSAP Australiaをその行動計画を検証するために折り畳むことになります。

申請パネルの回答は11月30日に終了し、SAPパートナー調達の提出は11月19日に終了します。

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す