Backblaze B2:ビジネスのための安価なクラウドストレージ

シーク、巡礼者。

10GB無料

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

AWSは現在サービス市場としてインフラストラクチャを支配していますが、それだけではありません。実際、Backblaze(9歳の収益性の高いクラウドストレージ会社)は、安価な専用ストレージをどれくらいのコストで設置できるかを示しています。

さらに、BackblazeはAPIを公開しているため、開発者はクラウド内で最も安価なストレージにアプリを構築できます。彼らはすでに、SynologyのNASボックス、CloudBerryのバックアップサービス、OpenIOの社内プライベートクラウド、Ortanaのメディアワークフローシステムなど、いくつかの統合パートナーシップを持っています。

B2は、Backblazeが現在200ペタバイト以上保存している無制限のバックアップサービスのために開発したソフトウェアに基づいたRESTfulオブジェクトストレージシステムです。翻訳:AWSに似ていますが、ストレージに重点を置いています。

Backblazeは容量1ギガバイトにつき月に半ペニーの料金を請求します。それがAWS S3の価格のほんの一部であるだけでなく、AWSの氷河のコストを遥かに下回っています。

エンタープライズストレージを計画、管理、最適化してデータ洪水に対応する方法

B2でプレイしたい場合、最初の10GBは無料で、AWSが提供する容量の2倍です。

AWSは過去20年の間に他の技術や企業のようにIT市場を混乱させました。しかし、それは終わりではなく、すべてではありません。初心者かもしれませんが、サービス局が最初にそこにいました。

誇大宣伝を忘れる。ビジネス目標を達成するために本当に必要なのは何ですか?たくさんのストレージ? B2。データをマッサージするたくさんの計算? B2ではない。

ベンダーは、常に解決してくれる問題にあなたを導きます。あなたは、あなたの優先順位が何であるかを決定し、ツールが何をすることができるかを評価し、次にその仕事のために最良だが不完全なツールを選択しなければならない。だからこそ、あなたが得るお金の価値があるのです。

もちろん、丁寧なコメントも歓迎します。開示:私はBackblazeの小売顧客であり、他のどの会社とも取引をしていません。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携

特殊機能

ストレージビット