DirecTVの助けを借りてAT&TのQ1ソリッド

DirecTVの買収により収益は24%増加し、第1四半期の予想を大きく上回りました。

eBayは、第1四半期の収益を1億2,100万ドル(前年同期比4%増)の4億8200万ドル(1株当たり41セント)と見積もった。非GAAPベースの利益は47セントでした。ウォール街は20億8000万ドルの収益で44セントのシェアを探していた。この見通しについて、eBayは第2四半期の売上高を21億4000万ドルと2.19ドル、非GAAPベースの利益を40セント、シェアを42セントと予想している。アカマイの第1四半期の収益は、前年同期比8%増の5億6,800万ドルの1株当たり42セントとなりました。業績およびセキュリティ収益は、前年同期比で16%増の3億1,600万ドルとなりました。アカマイの四半期は、ブラジルオリンピックとそれに伴うメディアストリーミングによって推進されます。アカマイの第1四半期の非GAAPベースの利益は1株当たり66セントでした。ウォールストリートは第1・四半期の収益を563.8百万ドルの1株当たり63セントと求めていたが、Marketoの第1四半期の純損失は1820万ドル(1株当たり42セント)で、前年同期から35%増の6220万ドル。非GAAPベースの損失は1株当たり17セントで、インライン見積もりであった。 Marketoは、第2四半期の売上高が6,500万〜6,600万ドルとなり、非GAAPベースの1株当たり12セントの損失から1株当たり14セントの損失となる見込みであると述べた。 2016年、Marketoは2億9,900万ドルから2億7,500万ドルの売上高を見込み、非GAAPベースの純損失は1株当たり46セントとなり、1株当たり50セントになりました。

同社は第1四半期純利益を38億ドル(1株当たり61セント)と報告した。売上高は405億ドルで、前年同期比24%増となった。第1四半期の非GAAPベースの利益は1株当たり72セントでした。非GAAP数値は、統合および合併費用を除いています。

ウォール街は、売上高440億7000万ドルで1株当たり69セントの利益を追求していた。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは何十年にもわたって考えることができます

同社には230万人の純ワイヤレス加入者が加わり、その合計には接続されたデバイス、米国とメキシコ、クリケットの追加が含まれています。

第1四半期の解約率は1.42%でした。

他のハイテク収入

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、