Googleはクラウド上にソフトウェアを配置することを簡単なタスクにしている

誰もがクラウド上にソフトウェアを導入するのが好きです。それは速く、簡単で安いです。しかし、クラウドにアプリケーションを導入するのが初めての方であれば、まだ難しいことがあります。 Google Compute Engine用の新しいCloud Launcherプログラムで、Googleがサポートし、ビジネスを遂行したい場所です。

クラウドにアプリをインストールして実行したいですか? Googleのクラウドランチャーがあなたのためかもしれません。 Googleブログの記事によると、Cloud Launcherは、高性能のVMやコンテナベースのサービスから管理されたPaaSまで、「最適なオプションを選ぶことができる」という連続した計算オプションを提供しています。

Google Cloud Launcherを使用すると、120以上の人気のあるオープンソースパッケージを起動できます。これらのプログラムは、一般的なサーバーアプリケーションと開発環境のワンクリックインストールライブラリを提供するBitnamiと、Google独自のセットアッププログラムセットであるGoogle Click to Deployによって構成されています。

サービスプロバイダーとしてのインフラストラクチャーは、自社のデータセンターの運営をやめ、必要に応じてオンデマンドでサーバーキャパシティを購入し、必要に応じて規模を拡大したり縮小したりするというビジネスにとって非常に説得力のある議論です。これはIaaSの戦略とベストプラクティスの深いダイビングです

クラウドランチャーを使用すると、設定するプログラムを簡単に見つけることができます。それらを検索するか、カテゴリ別にオファーを見ることができます。

Googleは、「展開は信じられないほど簡単で、ライブラリからパッケージを選択し、いくつかのパラメータを指定して、数回クリックするだけでパッケージが稼働している」と主張している。確かに、簡単なチェックで、アプリケーションを簡単に設定できることが分かりました。さらに、クラウドランチャーは、取得するプロセッサ、アプリケーションがどれくらいのディスクスペースを占有するか、新しいGoogle Cloud Platformの料金を毎月支払う予定があるかどうかを確認する前に通知します。

このオファーについて魅力的な点は、基本的なランタイムコンポーネントとパッケージをすべて設定して構成するためにIT時間を浪費するのではなく、開発者やオペレータが設計やコード作成に時間を費やすことができることです。

クラウドランチャーは、WordPress、Drupal、Linux、Apache、MySQL、PHP / Python / Perl(LAMP)スタックなど、あらかじめパッケージ化されたプログラム以上のものです。 Apache Solr、Django、Gitlab、Jenkins、LAMP、Node.js、Ruby on Rails、Tomcatなどの開発ツールとスタックも含まれています。

Googleの申し立て

サービスとしてのソフトウェアクラウドプロバイダとしてGoogle Compute Engineを使用することを検討していた場合、可能な限り簡単に試してみました。

 ストーリー

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

Google Compute Engineは、米国、アジア地域でのサポートを強化し、Red HatとGoogleのチームはGoogle Compute Engine用のRed Hat Cloud Accessを提供し、GoogleのCompute Engineは現在業務用、Debian Linuxは現在Google Compute EngineのデフォルトOS

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力