IDC:HP、Q3サーバーの収益をリード

IDCによると、世界的なサーバー収入は、前年度から3.7%減少し、121億ドルとなり、3年連続で3番目の減少となった。

IDCは、2014年初頭に登場すると予想される来期のリフレッシュ・サイクルに先駆けて、サーバー市場の需要は軟調に推移していると、IDCは発表している。 2013年第2四半期に穏やかに増加した後、サーバー出荷台数は第3四半期で前年並みとなり、世界中で出荷された230万台が出荷されました。

第3四半期には、米州、EMEA、アジア太平洋を含む主要地域で世界のサーバー収益が減少しました。市場は、第2プラットフォームから第3プラットフォームへの着実な移行の影響を受け、ワークロード需要と特に市場を鈍化させるUnixサーバの売れ行きが弱かったことが影響しました」と、IDCのエンタープライズプラットフォームのゼネラルマネージャであるMatt Eastwoodは述べています。

Eastwood氏は、第2プラットフォームのワークロードは引き続き、市場全体で健全な統合の機会を提供し、統合システムの堅固な需要を推進していると指摘しました。 「同時に、第3プラットフォームのアプリケーションは、クラウドサービスプロバイダーのデータセンターにサーバーの需要がますます移行しており、ODMと中国のOEMの両方にとって新しい市場機会が開かれています。

ベンダーランキングで見ると、HPは、2013年第3四半期に28.1%の工場売上高シェアを獲得した世界のサーバー市場で1位を獲得しました。HPは工場売上高が前年比で1.5%増加し、1.5ポイント第4四半期にはx86ベースのProLiantサーバの需要が改善されたことで収益のシェアを獲得しました。

IBMはIDCによると、System xとPower Systemsの軟調な需要で4.5ポイントの市場シェアを失った結果、前年同期比19.4%減の23.4%の市場収益シェアで市場で2位を獲得しました。

Dellは工場収入の16.2%を占め、3位を維持しました。工場収益は昨年より6%減少し、市場シェアは0.4ポイント低下した。

今週初めに、ガートナーはまた、サーバー市場の第3四半期の概観を発表した。 IDCの見解によれば、出荷台数は1.9%増加したものの、世界のサーバ出荷台数は2.1%減の123億ドルとなった。

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供

HP、IBMのトップに戻る