InFocus IN36レビュー

3,000 ANSIルーメンで、InFocus IN36は、2000ルーメンのIN32と2500ルーメンのIN34を含む範囲のフラッグシップモデルです。他のすべての点で、製品は同一です。

すべてがDLPチップを使用して1024×768ピクセルのネイティブ解像度でフルカラーのプロジェクションを実現しますが、標準のPALおよびNTSC信号と最大1080iのHD解像度を使用できます。

1000:1のコントラスト比では、400:1の比が依然として普及しているビジネスプロジェクタでは画質が快適に高くなります。これはあなたのマルチメディアプレゼンテーションに余分なインパクトと明快さを与えます。

ほぼMacのようなスタートアップのチャイムから魅惑的なボディデザインまで、この製品のルック・アンド・フィールに多くの努力が払われていることが分かります。

ケーシングは丈夫で軽量のプラスチックでできています。艶のある黒と銀で仕上げました。ケースの両面は、デバイスの内部動作を完全に把握できるように、幅の狭いグリルで保護されています。

片側には、ユニットを冷たく保つファンのペアがありますが、動作時に約35dbAのノイズが発生します。

多くの低コストプロジェクタと共通して、高さ調整は、ユニットの正面にあるリリースボタンを介して係合している単一のフロントマウントフットを介して行われます。これにより、迅速なセットアップが可能になります。一方、2つのリア・フィートの1つにネジ山がついていて、左から右のチルト調整が可能です。

ユニット上部には、12個の大きなコントロールボタンと照明付きLEDステータスディスプレイがあります。自動セットアップ、キーストーン、ソース、プリセットセレクタコントロールを素早く操作できるため、リモコンを使用せずにメニューシステムをナビゲートすることなく、プロジェクタを素早くセットアップできます。

付属のリモコンは非常に簡単で、電源を含めて5つのボタンしかありません。それは照明されていないし、内蔵のポインティングデバイスを持っていないが、単独で感じることによって操作するのは非常に簡単です。

メニューシステム自体はおそらくシステムの中で最も使用しにくい部分なので、頻繁に使用する必要はありません。それは合理的に論理的なレイアウトを持っていますが、それは小さなテキストを使用し、我々が見てきたようにユーザーフレンドリーではありません。

いくつかのディスプレイプリセットが用意されていますが、それらの違いは多くの人が区別するのが難しいでしょう。 1つの例外は「プレゼンテーション」モードで、明るさ、コントラスト、可読性が大幅に向上しますが、色の忠実度は非常に高くなります。このモードでは、通常の明るさのおよそ3倍とコントラスト比の2倍以上を測定しましたが、実際には写真やビデオを見るときにこの設定を使用したくない場合があります。すべて消えることができる。

IN36は、VGA、VGAパススルー、コンポジットビデオ、コンポーネントビデオ、モノラルオーディオ、シリアルRS-232など幅広い接続ポートを提供します。

InFocusの多くのプロジェクタの場合と同様に、デジタルビデオ入力はめったに使用されないDVI-M1コネクタ経由です。このポートは、デジタルとアナログの両方のソースと制御データをサポートしますが、PCへの接続には特別なケーブルやアダプタが必要です。 DVI-M1からVGA / USBへのケーブルが用意されていますが、デジタル接続を使用する場合は、ケーブルを追加する必要があります。

これは主にプレゼンテーションデバイスなので、一般的にカラーパフォーマンスはマルチメディアプロジェクタの場合ほど良くありません。しかし、明るさ、コントラスト、可読性はすべて優れています。また、この価格では、オートフォーカス、オートキーストーン、電動ズーム、高度コントロールなどの特別な機能はありません。しかし、それはクラス最高の見た目の最もコンパクトなプロジェクターの1つであり、十分な明るさ​​を備えているため、ライトを暗くする必要はなく、より広い部屋に映し出すことができます。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン