Kiwisは彼らの電子政府関与を喜んで知らない

水曜日は国勢調査の日であり、回答者の35%にあたる2百万人以上がインターネット上でフォームを完成させる予定です。

国勢調査のウェブサイトには1時間に20万件の応募があり、急いで問題が報告されましたが、深刻な問題はありませんでした。

このようにしてすでに200万人がフォームを完成したと報告されていて、すべてが一見スムーズに実行されました。

これは、オンラインオプションがある最初の国勢調査とは対照的です。2006年には、回答者の7%のみがオンラインで記入しました。 5倍の増加は確かに多くの進歩を示す。

オンラインへの突入は、オーストラリアの30%のオンライン料金とイングランドとウェールズの16%という悲惨なオンライン料金と比較されます。これらのすべてが2011年に最後の国勢調査になりました。

もう1つの分野では、何十万人ものニュージーランド人が今週インターネットで政府とやりとりしました。

すでに15万人のニュージーランド人が、ナショナル指導の政府が株式を売却しているマイティリバーパワー(Mighty River Power)の株式を購入することに関心を示しているとオンラインで登録している。

そして、今年の終わりには、財務年度の終わりを迎えることになるでしょう。

内国歳入局(IRD)はまた、典型的な給与払い(PAYE)賃金や給与の上にお金を稼ぐ人からのオンライン税務申告の急いで自分自身を支えているでしょう。

確かに、彼らはまた、これらの支払いのいくつかをクローズしようとしている過度のオンライン税還付機関に加わり、これは過去数年間にしか普及していないサービスです。

このように、今月は、何百万人ものニュージーランド人が、オンラインサービスを使って州とつながり、彼らが電子政府にとって見えない目に見えない変容の一部であることに気づかずにいることに気づくことはありません。

政府はどこでもオンラインでより多くのサービスを提供しようとしているので、それはうまくいく。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ブラジルのパラリンピックは技術革新の恩恵を受ける

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性