LivePersonが2つのデータセンターを開いてオーストラリアの範囲を拡大

米国のクラウドベースの技術プロバイダーであるLivePersonは、木曜日の午前に、データをオンショアに保つという顧客基盤の欲求によって動機付けられた、オーストラリアで2つのデータセンターを開く意向を発表しました。

シドニーにある主要なデータセンターは、オーストラリアの大きな4つの銀行、Telstra、Qantas、およびMedibankを含むAPAC顧客のハブとして機能し、メルボルンの第2のデータセンターはバックアップと冗長性を提供します。

LivePerson APAC地域ディレクターのSteven Fitzjohnは、オーストラリアのデータセンター開設の動機は同社の既存の顧客基盤によってもたらされたと語った。

フィッツジョーン氏は、データをローカルにホストしなければならないという法律はないが、たとえば金融サービス部門では、非常に敏感で、ローカルでホストするよう強く求められていた」と述べた。クライアントとコンシューマのデータが確実に格納されるようにします。

フィッツジョーン氏は、多くの企業が評判に頼っているため、ブランドを代表する開示は大きな役割を果たすと述べた。

ブランドがそのデータをオンショアに保管していることを明らかにすることができれば、消費者に安心感を与え、プライバシーは非常に重要です。

LivePersonには現在、世界中に合計6つのデータセンター施設があります。その他の施設はロンドン、アムステルダム、米国にあります。

Fitzjohn氏は、Commonwealth Bank、Westpac、National Australia Bank、ANZ Banking Groupは同じ製品とサービスの領域にありますが、それぞれが異なる「顧客中心」の道を持っていることを発見しました。

一般的に言えば、消費者が地元のアプリやウェブサイトでデジタル旅行をするのを支援したいと考えています。実際には、消費者がどのような問題を抱えているのかを理解してから、デジタルチャネル内に留まり、電話を拾ってチャンネルを変更して、問題の内容をスタッフに説明しなければなりません。 。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

消費者がデジタルチャンネル中に問題を解決できるようにすることができれば、はるかに良い経験です。

フィッツジョーン氏によると、チャットやその他のデジタルチャンネルを利用して、社員が携帯電話ではなく、3人または4人の消費者を同時に処理できるよう、社員の能力をより効率的に活用できるよう支援するという。

企業の能力の限界はスタッフの能力であり、彼らはより多くの顧客にスタッフを抱えてもらうことができ、コストも削減することができます」と述べています。スタッフがどのように文脈で使用されているか。

フィッツジョーン氏によると、LivePersonは調査を実施し、消費者の90%が友人や家族と同様にSMSやFacebookなどのデジタル手段を使ってビジネスとコミュニケーションを取りたいと考えているという。

ここには大きな遅れがあり、サプライヤーはこのタイプのチャネルを消費者に提供することに苦労しています。

フィッツジョーン氏は、アジア太平洋地域におけるインフラストラクチャー投資の拡大の原動力となっているオーストラリアの「活況を呈する」デジタル・エコノミーを強調し、

オーストラリアのデジタル・エコノミストをオーストラリアの総国内総生産(GDP)の5.1%にあたる7億7,000万ドルと評価したデロイトの報告書によると、この種の投資は市場が熟していると考えている」と述べた。

昨年10月、LivePersonは、企業が使用するトップ20のクラウドサービスのSkyhighリストで8位にランクされました。ナスダックに上場していた同社は、Microsoft 365、Salesforce、およびCisco WebExに敗北し、Amazon Web Servicesがトップを奪った。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合