Oktaはクラウドネイティブのアイデンティティ管理サービスでWorkdayを持つ

OktaとWorkdayは、人的資源を重視したクラウドネイティブのアイデンティティライフサイクル管理サービスを開発するために力を合わせています。

両者は、大部分の企業では、レガシー社内のHRソリューションとオンプレミスのID管理ソフトウェアを統合しようとしていると主張しています。

OktaとWorkdayは、クラウドに統合されたID管理プラットフォームを導入することで、これらのインフラストラクチャを集中管理および保護する能力を備えたエンタープライズITの顔を変える可能性があると主張しています。

Oktaは既存のオンデマンドアイデンティティおよびアクセス管理サービスソリューションを「あらゆるデバイス」に提供し、Workdayはクラウドベースのエンタープライズアプリケーションを人事および財務記録に統合する予定です。

たとえば、Workdayに統合されたOktaのIdentity Lifecycle Managementプラットフォームは、中規模企業がこれまで達成できなかったエンタープライズレベルの人事管理およびID管理システムにアクセスすることを可能にすると考えられています。シームレスでセキュアであると評価されたこのアクセスは、モバイルデバイスからも利用可能です。

さらに、OktaはActive Directoryや他のITシステムをWorkdayに直接接続し、WorkdayのHRシステムを従業員および従業員データの主要レコードとして活用しています。

しかし、IT部門は、Active Directoryやその他のITサービスのプロビジョニングとプロビジョニングを、WorkdayからOktaに直接アクセスして、従業員がアクセスできるアプリケーションを指定することができます。

既にプロジェクトにサインした企業顧客には、Gilt GroupeやInformaticaなどがあります。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

Appleの立ち上げに対するTwitterの反応

マイクロインフルエンサーは、新しいレポートに従ってブランドがソーシャルマーケティングを行う方法を変えています

ソーシャルエンタープライズ、LinkedInは新しいブログプラットフォーム、CXO、CIOに影響を与えるのは誰ですか?ここでは上位20社、アップル、アップルの立ち上げに対するTwitterの反応、ソーシャルエンタープライズ、マイクロインパクトのある人たちが、新しいレポートに従ってブランドがソーシャルマーケティングを行う方法を変えている