SAPは:SOAのERPを殺す?かかって来い

ブルース・リチャードソンの最近の予測でSOAがERPを殺してしまうという興味深い議論がありました(このブログでも議論されています)。

SAPのために働くCharles Zedlewski氏は、ビジネスモデルをよりサービス指向の焦点に少なくとも3年以上シフトさせてきた彼の会社にとって、これは本当にニュースではないと言います。

Zedlewski氏は次のように尋ねています。新しく登場するサービスの開発者、そしてバックエンドの独自アプリケーションの機能を担うのは誰でしょうか?同氏は、このようなサービスはオフショアベンダーや社内開発グループによって構築されるのではなく、実際は大規模アプリケーションベンダー自身によって構築されると指摘している。

同氏は、社内開発グループやシステムインテグレータは、こうしたサービスの構築に不利な立場にあり、組織政治(価値はどこにあるのか)や技術的問題(サービスの粒度、標準、意味相互運用性)によって妨げられる可能性が高いと付け加えている。

SAPの戦略は、これらのサービス自体を作り出すことではなく、「10万もの素晴らしいアイデアを持つことができる他の企業、コンサルタント、プロフェッショナルのコミュニティを育成する」ことです。

「これがブルース・リチャードソン(Bruce Richardson)による終焉の日であれば、明らかにSAPは「それをもたらす」と言っている」とZedlewski氏は書いている。

純結果は数年後にはまったく異なるSAPとOracleまたはPeoplesoftとなり、今よりはるかに多くのコンポーネント化されたソリューションを提供します。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業