SAP Business ByDesignとBusinessOneは衝突コースにありますか?

新製品を市場に出すことは、ほとんどのシーズンのベンダーでさえ決して簡単なことではありません。 SAPのBusiness ByDesignは、テキスト・ブックの中で、臍の注視が間違った結果を生み出し、会社が股間にあまりにも多くの蹴りを掛けたときにのみ正しいとされる古典的な例です。今日では、ByDesignは配信マークを打ち、公正なクリップで顧客を迎えている急速に成熟したソリューションです。これまでに約500人の顧客を報告し、年末までに1,000人を目標としています。彼らがそれを達成すれば、彼らはうまくいっただろう。

eclipsされないように、SAP BusinessOneはそれほどごちゃごちゃなものでもありません。現在の顧客数は31,000人で、300社以上のソリューションパートナーと500社のソリューションと22,000人のiTunes StoreのアプリダウンロードがSAPの相対的成功事例を表しています。だけど…

昨日、SAP Mentorsのグループは、B1の表面上ですばやく脱ぎ捨てられました.2つのことに集中しました。市場の存在と2012年の概要です。市場のプレゼンスデータは興味深いものです。ランドローバーのような大手ブランドの多くは、子会社でB1を使用しています。私はそれをどこで聞いたことがありますか?そうです、それはSAPのBYDストーリーの不可欠な部分であり、国内とインドの両方の大型SIから高い期待が寄せられています。

その後、潜在的な顧客が$ 10,000以下になることを可能にするB1スターターパックのストーリーがありました。 SAPは2ヶ月でスターターパック版で75人の新規新規顧客を売却したとカウントしています。しかし、もう一度 – BYDのための同様のスターターパックの話がありますが、少なくとも1人の再販業者は、行くには15,000ドルに近いと考えています。

その後、プロフェッショナルなサービス組織について、これまでの売上に基づくSAPのB1市場としての話がありました。うーん… 2012年のリリース予定のBYDバージョン3.5は、PSAの機能を重視する予定です。

それだけでは不十分であれば、BIGの高価な高速データ解析アプライアンスであるHANAをB1にシームレスにまとめるという話があります。はい、BYDについても同様の話があります。

しかし、実際のところ、SAPは現在、リセラーがB1をホストし、サブスクリプションベースでシステムへのアクセスを再販できるプログラムを展開しているという事実にあります。リセラーはライセンスを保有し、サービスプログラムをパッケージ化します。リセラーは、喜びとインフラへの投資に5,000ユーロを掛けなければなりませんが、顧客との重要なライセンスとの関係の所有権を保持します。 KolanotはすでにBusinessNowというブランド名でこのソリューションを提供しています。

Q&Aでは、同僚のJon Reedと一緒に、SAPチームがBYDとB1が衝突コースにいるように見えるときに、これがどのように機能するのかという疑問を投げかけました。恐ろしい反応は、 – 言い換えれば – 私たちはBYDについて知りませんでした。

問題は理論以上のものです。 SAPでは、BYDとB1をさまざまな導入環境に対応する代替案として位置づけたいと考えています。それは洗いません。あなたが比較的成熟したソリューションから期待しているように、開発中のこの時点では、B1はBYDよりはるかに豊富です。しかし、コラノの例が示すように、それはBYDよりも低い価格帯で提供されています:$ 125は$ 149 /月のユーザーあたりです。バイヤーには失われませんが、購読B1の技術的要件を考慮すれば比較がどれだけ正確かは不明です。

さらに重要なことは、BYDとB1の間の機能的なギャップが狭まるにつれて、SAPがバイヤーから避けられない頭を引っ張らずに2つのソリューションを並べて維持することは難しくなります。同様に、私は本質的にスケーラビリティがないので、代理店が運営するホステッドサブスクリプションモデルに問題があります。販売代理店はコードを理解するかもしれませんが、データセンターの運営は専門家に委ねるのが最善です。

しかし、最も厄介な問題は、SAPが問題を認識しないということです。そうであれば、SVP / VPレベルでコミュニケーションを取らず、あるレベルの管理者の心に閉じ込められます。そうでなければ、時には不快な沈黙を超えて答えを得ていたでしょう。

過去の分析では、ByDesignがBusiness Suiteに対する長期的な直接的な脅威であるかどうかに大きく関わってきました。その主な理由は、BYDアーキテクチャがSAPの未来であるということです。私は、いつも未来への長い時間を過ごしてきました.5年以上経ちました。

一年のうちに、私は内部的に競争上の問題がBYDとB1に直接焦点を当てるだろうと思っています。これは、現在の証拠ではない非常に鋭い思考がなければ、SAPが容易に逸脱することのできない1つの列車の難破船です。

9月中旬にSAP TechEdにアクセスするとアップデートが必要です。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します