S’pore:E-govtの成功はサイバーテロリストを誘惑する

シンガポール – 島嶼国全体で電子政府サービスの利用を成功させた国は、サイバーテロ脅威の脅威を強めています。具体的には、オンラインで政府サービスにアクセスする現地人の数が増えたためです。

シンガポールの情報通信省閣僚会議委員長であるペニー・ロー(Penny Low)は、月曜日に開催されたISACA(Information Systems Audit and Control Association)会議のメンバーと話し、オンラインビジネスライセンスなどの電子政府サービス企業(OBLS)は島の州に店舗を簡単に設置し、貴重な時間と資源を節約できるようにすることで起業家に利益をもたらしました。

Lowは、OBLSを使用して、起業家を募集する(ビジネスを登録してライセンスを取得する)ための参入障壁を下げている、とLowは述べています、新しいビジネスアプリケーションを処理するのに12.5日かかりました。

このように、年間で約3百万シンガポールドル(約188万米ドル)の経費が節約された」と彼女は語った。

しかし、Lowは、電子政府サービスの利用が増加し、インターネットを介して世界中の市民の「つながり」が増すにつれて、サイバーテロの脅威は現在「非常に大きな懸念」であると指摘した。

このように、政府はシンガポールが「地域の安全で信頼できる拠点」であることを確実にするために、これらのオンラインサイトのセキュリティと管理に重点を置いてきた、と彼女は付け加えた。

政府が実施したイニシアチブには、2005年に開始されたインフォコム・セキュリティ・マスタープラン(Infocomm Security Masterplan)が含まれています。インフォコム・セキュリティ・マスタープランは、サイバー攻撃から共和国の重要インフラストラクチャを保護し、

このマスタープランの重要な成果の1つは、今年3月に実施されたサイバー脅威の国家モニタリング計画の策定である」と述べ、政府はCERTSを通じた国際的なパートナーとの協力のために、サイバー脅威と戦うための集団的能力を向上させるための緊急対応チーム(コンピュータ緊急対応チーム)

他の取り組みとしては、オンラインでのセキュリティ脅威に対する一般市民の意識を高めるとともに、オンラインで取引する市民の信頼を喚起する業界の努力と、Computer Misuse Act 、電子取引法、TrustSgフレームワーク、およびスパム管理法案を含む。

シンガポールは2000年に電子政府の旅を開始して以来、政府は2000年と2003年にそれぞれ3年連続3年間のプロジェクト、すなわち電子政府行動計画IとIIに26億シンガポールドル(16億米ドル)を投じた去年のiGov 2010のように。現在までに、約1,600件(98%)の政府サービスが、週24時間365日オンラインでオンラインにアクセスできるようになりました。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム