Windows 7ユーザー:Microsoftサポートを引き続き受けるためにSP1に移行する

サービスパック1をインストールしていないMicrosoftのWindows 7のサポート終了日が近づいています。

Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、エンタープライズソフトウェア、Microsoftの新しいビジネスモデル、Windows 10:有料プレイ、Microsoft、Androidの未来はWindows? :ワンクリックでネットワークの問題を解決する

Microsoft Springboard Seriesのブログの2月14日の記事によると、Service PackがインストールされていないWindows 7 RTM(製造からリリース)は、2013年4月9日現在サポートされなくなります。特定のWindowsリリースのサポートは、新しいサービスパックのリリースから24ヶ月間が終了し、2011年2月にWindows 7 SP1がリリースされました。

Windows 7 SP1の主流(無料)サポートは、2015年1月13日まで継続します.Windows 7 SP1の拡張(有料)サポートは、2020年1月14日まで利用可能です。マイクロソフトは、製品の拡張サポート段階でセキュリティアップデートを無料で提供し続けます。 )

Springboardのブログには、MainstreamとExtendedのサポートの違いを説明するためのこのチャートが含まれています

私たちの知る限りでは、MicrosoftはWindows 7用の2番目のサービスパックをリリースする計画はありません。Microsoftの多くの方々がこれについて尋ねてきましたが、コメントはありませんでした。マイクロソフトは、新しいモデルに移行すると考えられています.3年に1回のビッグバンリリースではなく、Windowsの年間更新を提供し、その間にサービスパックが提供されます。

この新しいモデルは、MicrosoftがWindowsの新しいバージョンをSP1に出荷するまで待っていた一部のITショップのポリシーを変更し、最新のリリースに移行することを検討している可能性があります。

マイクロソフトのオフィス部門は、近い将来にサービスパックモデルを採用する道筋のようです。

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い

Androidの未来はWindowsだろうか?

Windows 10のヒント:ワンクリックでネットワークの問題を解決する